耳寄りのETCカード情報

ETCの導入を決めた私たち家族。車載器の取り付けは無事終了。でもETCカードはどれにしようかな。

種類別ETCカードの特長

ETCカードには種類があるので実際にカードを発行する際はどのタイプにするかちょっと悩みますよね。

使い方次第でメリットもデメリットもあるので、各カードの特長を考えてみましょう。

まずはETC専用のカードです。

ETCカードの機能のみがついているタイプで、有料道路のETCレーンで使用すること以外のことは基本的にできません。

個人名義のタイプと法人名義のタイプがあるので、会社名で作ることもできます。

このタイプのメリットは、万が一紛失したりしてもクレジットカードのように悪用されることは少ないという点でしょうか。

シンプルにETCカードだけを車に持ち込みたい、家の車なので基本的にETCカードは車載器にさしっぱなし、車の中に保管するという人には安心かもしれません。

カード類をたくさん持ち歩くのが苦手という人にはカードの枚数が増えて管理が面倒、お財布が膨らんでしまうなどのデメリットを感じる人もいるでしょう。

一体型ETCカードは、クレカのカードにETCの機能をつけたタイプのものが一般的です。

カード一枚で買い物の時に使うこともできるし、カードの枚数をむやみに増やすのが好きじゃないという人には管理しやすいでしょう。

カードの会社によってはネットなどで利用することがほとんどで、実店舗で利用できる場所が限られているタイプもあり、車載器に入れるためにひんぱんに持ち歩きをするメリットが感じられないこともあります。

もう一つはETCパーソナルカードと呼ばれるタイプです。

クレジットカードを持たない人のためのETCカードです。

高速道路6社が共同発行しています。

クレジットカード保持に関係なく持つことができるものの、デポジットとして保証金を預託しないと発行してもらえません。

Comments are currently closed.